6ww2sp | sa.yona.la help | tags | register | sign in

不審

reply

気付かれてる。



確信する。



話題を逸らす。








僕はなにがしたいんだ?

posted by 6ww2sp | reply (0)

reply

僕が今こうやってここにいるのも、ただ単に「死ぬための理由が見つからない」からなんだ。


人は皆いつか死ぬ。

死からは誰も逃れられない。

ならばその「無」と「死」(あるいは再び「無」)の間を埋める「生」とは一体なんなのか?


かつての僕は、常日頃そんなことばかりを考えてきた。

でも、あるとき気付いた。

考えることそのものが「生」であると。


何度も死に損なった僕は今、ただただ惰性で生きている。

思考はとうに停止している。

面倒になったら、すべてを投げて放り出すまでだ。




こんな馬鹿げた思想をまだ若かった頃、当時付き合っていた女房に話していたことをふと思い出した。

・・・まだ信じているのだろうか。


薄々は感づいているだろうに、何も言ってこないところをみると。

あるいは。

posted by 6ww2sp | reply (0)

まさかね。

reply

夜中にふと目が覚めた。


彼女とは順調だ。女房にもバレてはいない。

極めて順調だ。今のところは。


「今の関係を維持したいの。一線は、越えないままで」

「私たち? 『友達<僕ら≦愛人』。こんな関係でいいじゃない」


PCを立ち上げsa.yona.laのエントリーをぼんやりと眺めていた。

ぞくりとする気配。既視感?

―背筋が粟立つ。


ゆっくりと、彼女のすべての一言一句を、記憶の限り辿ってみる。

・・・まさか、ね。

posted by 6ww2sp | reply (0)

まさか。

reply

非常に残念ではありますが、皆様のウィットな言葉遊びについていけるほど

ユーモアのセンスが豊富ではないものですから。申し訳ない。



・・・彼女から非常に現実的な提案を受けた。

―承諾した。


彼女のほうが、僕よりも遥かに現実主義者なのだろう。一抹の罪悪感。

毎夜飛び込むメール。返信。妻の視線。

これは一体何のゲームなんだろう。心臓に悪い。

・・・でも、抜け出せない。

posted by 6ww2sp | reply (0)

スタイル

reply

僕は格好をつけすぎる。

どうして素直に言えないのだろう?


現実的に割り切った擬似恋愛とセックスを楽しみたいと考えている。

互いの生活、家庭、将来には必要以上に深く干渉はしない。

―それでいいかい?


つまり本音はこうなんだ。

なぁ。そうなんだろう?糞野郎。

posted by 6ww2sp | reply (0)

変化

reply

眠れなくなった。夜中に何度も目が覚める。携帯を確認。

メールに絵文字を使うようになった。今まで恥ずかしくて使ったことなかったのだけど。

携帯のパスワードを変えて、フォルダロックを使うようになった。気付かれてはいない。


さて。

posted by 6ww2sp | reply (0)

取り乱す

reply

昨夜は軽く取り乱してしまったようだ。

後半は自分がなにを言ってたのか、殆ど記憶にない。

風邪を引いたので早めに寝ようと飲んだ、スコッチとレンドルミンの組み合わせが良くなかったか。


夢は見なかった。

今度、彼女と日帰りで旅行に出る計画を立てている。


仕事に出かける女房を見送る、休日の朝。

posted by 6ww2sp | reply (0)

不明瞭

reply

彼女と続く不思議な関係。

いや、世間一般には明確な表現が用意されている。

「不倫」


ああ、きっとそうなんだろう。

僕は彼女と、職場の部下として、あるいは友人としての関係を超えてしまった。

でも、、、


わからない。

この平穏な家庭生活に不満があるわけじゃない。


彼女からの告白を受けるずっと前から、僕は彼女の存在に強く惹かれていた。

そして僕はその不埒な考えを、上司として、妻帯者として、強く自制し律してきた。

・・・引き金を引いたのは確かに彼女だった。

だけど既に弾丸は込められていたんだ。


行く末はわからない。

気付かない振りをしているだけなのかも知れないけれど。

posted by 6ww2sp | reply (0)

Re: まぁ

ズルい男

reply

ええ。自覚はあります。

失う覚悟もないままに、新たな愛情を得ようとしたのですから。


かつて最も嫌いなタイプであった人種に、僕自身が成り下がってしまうとは夢にも思いませんでした。

彼女と出会うまでは。

posted by 6ww2sp | reply (0)

堕ちる

reply

「最初に誘ったのは私だし」

深みに堕ちてゆく。

薄暗い車内で口づけを交わす。


「悪い女を演じなくてもいいよ」

彼女にそう告げられたならどんなに楽だろう。

僕はすべてを失うには、余りにも大きなものを背負い込みすぎた。

背徳の日々。罪悪感。

でも、捨て去れない。

posted by 6ww2sp | reply (1)

「好き」と「愛してる」の相違点

reply

彼女のことが好きだ。

でも、「愛しているか」と問われると、途端に回答に困窮する。


先人の知恵を求めてgoogle先生に尋ねてみてもピンとこない。

なんだろう。女房になら面と向かって「愛してる」と言えるのに。

posted by 6ww2sp | reply (0)

告げる

reply

僕らだけの不思議な関係。

誰にも言えない秘密の関係。


・・・まさか自分にこんなことが出来るなんて、思ってもみなかった。

posted by 6ww2sp | reply (0)

揺らぐ

reply

平日の昼間にひとりでいるのは危険だ。

余計なことを考え過ぎる。


仕事に向かう女房を見送り、軽い朝食をとったあと

台所でコーラをちびちびと飲みながら煙草をふかしつつ考えた。


2日前の出来事が、僕の脳裏から離れない。

もっと早く出会えていれば、あるいは・・・、いくつもの仮定が頭をよぎる。

「これからも、今までどおり接してくださいね」

その時はできると思った。だから「もちろん」と答えた。

でも、それがどんなに労力を要することなのか、僕には想像力というものが欠如していたのかもしれない。


正直に言おう。

すべてうまくまとまったはずの今更になって、僕の気持ちは揺らいでいる。

彼女ともっと話をしてみたい。それはどんなに素敵なことだろう。


これは果たして勇気と呼べるのか。ただの不義理ではないか?


・・・いまさら仮定の話をしたところで何も意味はない。

気分を紛らわせるために買い物にでも行こうか。

posted by 6ww2sp | reply (0)

Re: ありふれた苦悩

追加オーダー

reply

カティーサークのロックをひとつ。

眠れぬ夜のために。

posted by 6ww2sp | reply (0)

告白された。

reply

突然の出来事だった、とも取れるし

僕自身も内心「そうなるのではないか」といった、淡い予感(期待?)を抱えていたことも事実だ。


残業を終え、駐車場まで向かう途中で彼女と出会った。

母子家庭でパートタイマーとして働いている彼女と、まさかこんな時間に遭遇するとは。

それは僕にとっては予想外であり、彼女にとっては計画的だったのだろう。

「あれ、家ってこの近所だったっけ?」などと軽い世間話をしているうちに、何人かの同僚が我々の横を通り過ぎてゆく。

少しばかり視線が気になったが、彼女は臆せぬ様子だった。


話題も一巡し、軽い沈黙の後に彼女が上目遣いで切り出した。

「あの。ずっと言おうと思ってたんだけど・・・」

僕は口元の微笑を崩すことなく、「うん。どうしたの?」と促す。

少々わざとらしかったかも知れないが、動じずにいられたのは我ながらたいしたものだと感心した。


僕には妻子がいる。

しかも女房も(部署は違うものの)同じ職場で働いており、日に何度かの接点もある。

僕自身は「女房を心から愛している」とは言えないのかも知れない。

でも、娘たちを愛している。彼女の故郷での生活を愛してもいる。

そして何より、僕には女房をこれ以上不幸せな目に合わせる訳にはいかないのだ。


彼女の質問には短い単語で答えた。

「ありがとう。でも・・・その気持ちに応じることは出来ない」

きっと学生時代の自分ならこんな流暢に返答できなかっただろう。


彼女も僕の女房のことはもちろん知っていた。

ひょっとしたらその返事が聞けることを期待して、夜中にひとりで会社帰りの僕を待ち続けていたんじゃないだろうか。

「自分自身の気持ちに区切りをつけたくて」

彼女はそう言っていた。


あるいは僕も、彼女に何らかの好意を寄せていたのだろう。

でも、既に身動きが取れないことを知っていたし、すべてを失う覚悟なんてさらさらないことも自覚していた。

だから僕はこう答えた。「ごめんね」と。


帰宅後、女房には何も言わなかった。変わらない日常。余計な波風を立てるまでもない。


今日、明日と定休をもらっている。

次に彼女と会うのは月曜日だ。

笑顔で「おはようございます」と挨拶が交わせるといいのだけれど。



#タイトルが何故か文字化けする件。「告白された。」です。

posted by 6ww2sp | reply (0)

reply

懐かしい景色を見ていた。

アスファルトの色、微かな木の匂い、アブラゼミの鳴声。

かつて見慣れたはずの光景をもう一度確かめたくて宙を仰ぐと、

そこには青空を切り刻むかのように高層マンションが建っていた。


「残念ですね」


あまりにも長い間そうしていたのだろう。

ベンチに腰掛けたまま、振り返るようにしてこちらを見ていた女性がそう言った。


「ええ。思い出の場所でした」


なんの感慨もなく、眼前にそびえるマンションの姿をカメラに納めてみる。


「写真、お好きなんですか?」

「ええ。割と」


彼女の目の輝きと反比例して、あまりにも退屈に過ぎる自分自身の返答に気付く。

僕は何をしているんだろう。


「この近所の方ですか?」


適当な話題に変えて、早々に去ったほうが良さそうだ。ここには何もない。


「いいえ。この辺はたまたまふらっと来ただけです。今日、はじめて」


やりにくいパターンだ。そう感じた。

騒々しかったアブラゼミたちはいつの間にかすっかり形を潜め、

アスファルトの焦げる音さえ聞こえてきそうな静寂が我々を包んでいる。

昼下がりの日差しがやけに暑かった。

posted by 6ww2sp | reply (0)

自分用メモ

reply

クーラーボックス

車載用エアポンプ(シガーソケット対応)

ラバーサンダル(22cm・白)

サングラス(あれば)

ガソリン給油

髪切るか?

posted by 6ww2sp | reply (0)

api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2017 HeartRails Inc. All Rights Reserved.